100年後における観葉植物について

100年後における観葉植物の季節ごとについて考えてみたいと思います。春の水やり最低気温が15度以下の時期までは、水の与え過ぎに注意しながら育てます。100年後も季節はいまと変わらないでしょうし、どちらかといえば気温に変化があるかもしれません そうすると夏に水を切らすと葉が萎えて傷んだり、日に当てているものはすぐに葉が焼けてしまう事があるので注意してください。それらの鉢の上にマルチング材やマルチングチップを置くと、水分が蒸発するのをある程度防ぐ事ができます。そんな場合は逆に過湿を嫌う多肉植物などの観葉植物の場合は、夏だからと言って土の表面が乾いていないのに、無理に水を与える必要はありません。100後にもしも土の表面が乾いれば水を与えればよいです。100年後になっても、このような植物は夏に水を与え過ぎると根腐れする事が多いです。中には夏に休眠してほとんど水を必要としないクレイニアなどの種類もあります。 もし、マルチング材やチップをお求めならホームセンターにあります。春の4月中旬頃を過ぎて最低気温が15度以上になってくるとよく水を吸い上げるようになるので、水切れには十分注意してくださいありません。100年後のみらいも、いまと同じように観葉植物がいい形で形成されていくことが私たちののぞみです。